【お仕事紹介】vol.6 ディレクター編 大阪支社 サブディレクター森田千尋|ソーシャルメディア(SNS)なら新大陸

静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

新大陸のブログ

  • ホーム
  • 【お仕事紹介】vol.6 ディレクター編...

【お仕事紹介】vol.6 ディレクター編 大阪支社 サブディレクター森田千尋

2018/04/15新大陸とは

新大陸では、契約企業様のWEBおよびSNS運用をチーム体制でサポートしています。

ディレクターやライターが担当企業様を訪問し、各月の投稿テーマや内容を決定し取材します。時にプロのカメラマンが同行し、現場の撮影を行うこともあります。ライターが書き上げた文章とカメラマンが撮影した画像を元に、制作チームが各SNSの予約投稿を行ったり、WEB広告を制作していきます。このようにして企業様のSNSは定期的に更新され、認知が広がり集客へと繋がっていきます。

そんな私たちがお客様へ提供するサービスは、ディレクターと企業様との綿密な打ち合わせから始まります。その企業様が抱えているマーケティングにおける課題を洗い出し、改善はもちろんのこと、更なる成果を生み出すために、どのような取り組みをしていくのかを、具体的イメージがわくまでとことん話し合います。それはブランディングという大きな企業理念や方針に関わるところから、HPや各SNSの運用とWEB広告といったその企業様の商品やサービスを周知・アピールするまでの具体策にまで及びます。

 

ディレクターは、担当になった企業様のよきパートナーとして、分析と提案を行うお仕事です。今回は、関西を中心に活躍する森田サブディレクターにそのお仕事内容の一部をインタビューしました。

 

 

サブディレクター 森田千尋 ◆拠点:大阪

◆経歴:新大陸には現在まだ入社間もなく、まだサブディレクターとして勉強の日々です。以前はリユース業の企業で部門長として担当部門の運営、店舗運と管理を行っていました。主に女性客を対象にして、未使用の化粧品や美容器具などを買取販売していたのですが、インターネットでの販売や販促も行っておりましたので、新大陸でのディレクター業務に、経験が生かせるよう頑張りたいです!

◆座右の銘・すきな言葉:最近は「我以外皆我師」をよく思います。年齢に関係なく、相手の方から学ぶこと、気付かされることが多いです。

◆趣味・特技:家族や友人など、気の置けない人たちと過ごすこと。

◆好きなもの:お酒とカニと唐揚げ。

 

IMG-4823

 

 

IMG-5449

 

-----------------------------------------------------

 

《森田ディレクターのある日》

 

7:00 起床

9:00 出社

10:00 企業様訪問同行・打ち合わせ

12:00 ディレクター、ライターさんと昼食

14:00 メール対応・フロント業務・情報収集

19:00 翌日以降のスケジュール・業務確認・退社

20:00 帰宅・フリータイム

25:00 就寝

 

-----------------------------------------------------

 

Q.取材・打合せの際、気を付けていることや心掛けていることがあれば教えてください。

 

まずはどのような企業様なのか、よくお話を聞き、よく知ることに注力しております。取材内容も注意してメモを取ります。実際原稿を格納はライターさんですが、その書き上げた原稿のチェックの際に、訪問時の打ち合わせ内容が確実に反映されているかどうかを確認するところまでが私たちの責任です。

 

 

Q.印象に残っている事例や企業様へのご提案などがあれば教えてください。

 

先日初めて同行させていただきましたあるハウスメーカーの企業様は、事務所自体がモデルハウスになっており、客観的に拝見して感動しました。とてもあたたかみのあるモデルハウスで、お客様もきっと、あの空間で打ち合わせをすることでつくりたい家を鮮明イメージできるのではないかと思いました。担当の企業様のこうした良さや素晴らしさが、そのお客様にきちんと伝わるよう、私たちディレクターには創意工夫やアイディア、提案力が求められていると改めて実感しました。

 

 

Q. 新大陸のサービスを受けている企業様の効果やその反響を感じることがあれば教えてください。

 

ある担当の企業様から、「客様からのお問い合わせで、名指しで『〇〇さん、いつもブログ見ています』」というお言葉があった」と伺いました。私たちが企業様とのお打合せのもと、ブログやSNSに反映している内容が、エンドユーザーにまで届いている証拠です。いつでもだれにでも、あらゆるツールからお客様である企業様のことを知って頂けるよう、「見られている」という意識を持ち情報を発信し続けることは大切だと感じました。

 

 

森田さん