メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

18.09.06

Facebook

Facebookの動画サービス「Watch」日本にも導入決定

スポーツ中継や動画クリエイター、パブリッシャーによる専用番組などを配信する動画サービスのFacebook Watch。昨年のリリース以来アメリカを中心に展開されてきましたが、米Facebookは8月30日に「Watch」の世界展開を発表しました。そのため、近いうちに日本でも導入が開始されるようです。

 

40600228_1342070232595730_2253784363453906944_n

 

・Facebook Watchとは?

Facebook WatchはFacebook上でお気に入りの番組や動画クリエイターを閲覧・検索し、投稿者とコミュニケーションが取れるというもの。今のところ広告については発表されていないため、広告のないYouTubeのような存在となりそうです。

Facebook Watchでは友人が「いいね」した動画が簡単に共有されるというのも一つの特徴。Facebookの発表によると視聴者参加型のユニークな番組を配信できるよう、リリース以来アップデートを重ねてきたそうです。

 

 

・Facebook Watchによって何が変わる?

他の動画メディアとFacebook Watchの相違点は、母体がSNSであるということ。Facebookは国内だけでも2800万人の登録者がおり、Facebook WatchのリリースによってSNSとしてだけでなく、娯楽用の動画メディアとしての役割も担うことになります。

パブリッシャーやクリエイターのコンテンツにもよりますが、Facebook WatchはFacebook活性化につながる一つのきっかけとなるかもしれません。

 

 

・まとめ

アメリカでは毎月5000万以上の人々が少なくとも1分間、Watchで動画を視聴しており、現在は2018年のはじめに比べ、Watchの合計視聴時間は14倍にまで増加しているとのこと。YouTube、Amazon Primeなど動画メディアは成長著しい分野のため、日本国内でもFacebook Watchに期待が高まります。

参照元:Facebookニュースルーム(https://ja.newsroom.fb.com/ne…/2018/…/facebook-watch-global/

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop