メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

22.03.08

TikTok

「SIBUSAWA STYLE」に学ぶ!スタイリッシュなTikTok動画とは?

TikTokの最大の魅力はカジュアルさ。
長くても数分ですから気軽に観れてしまえますし、動画のアップも実にカンタン、スマホ一つで完結してしまいます。ところが逆に「カジュアルさ」が今一つと感じている方も多いはず。これを読んでいる方の中にも、あつかっている商品とカジュアルさが相容れない、と感じている方もいらっしゃることでしょう。
 

数多くのフォロワーを持つこだわりのハウスビルダー

「SIBUSAWA STYLE」は群馬県で注文住宅を手がけている会社。
手がけてきた事例を知るには、公式Instagram(@sibusawastyle)をご覧いただくのが早いでしょう。こだわりを感じる内外装、スタイリッシュな写真、とても美しくまとまっているのですが、フォロワー数は3800人とまずます。

一方で公式TikTokはフォロワー2万7,000人強!と好調なのです。その理由はSIBUSAWA STYLEのスタイリッシュさを、カジュアルなTikTokで表現しているところにあるでしょう。
 

スタイリッシュな動画制作もアプリ一つで可能

投稿されている動画の多くは他社さんと同様にルームツアーです。しかしSIBUSAWA STYLEの動画の多くは静止画や複数の動きの少ない動画を、BGMに乗せて切り替えていくスタイルです。またスマホを手に建物の中を案内していくものもありますが、定番の早回しのスピードは抑え目。他社さんがTikTokにアップする動画より、落ち着きを感じさせるものとなっているのです。

他社の動画ではスピーディーに切り替えることで、TikTok独特のカジュアルさに寄せていますが、SIBUSAWA STYLEはそうはしません。あまりにカジュアルになってしまうと、自社のカラーにそぐわなくなると考えているからでしょう。
 

まとめ

SIBUSAWA STYLEのTikTokから感じるのは「メディアが何であれ工夫次第」ということです。TikTokでも高級感のある商品を売ることもできますし、スタイリッシュな表現も可能。そのために必要なのは既存のアプリを活用するなど、少しの工夫なのです。

以前もお伝えした通り、TikTokユーザーの平均年齢は上へと広がりを見せています。落ち着きのある動画を好む方も増えてきていることでしょう。カジュアルではない商品をあつかっているところも、SIBUSAWA STYLEの事例を参考に、TikTokでのマーケティングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

参照元:「SIBUSAWA STYLE」公式TikTok(https://www.tiktok.com/@sibusawastyle)、公式Instagram(https://www.instagram.com/sibusawastyle)、公式HP(https://sibusawa-style.com/

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop