Apple、デベロッパー向けカンファレンス「WWDC」を開催|ソーシャルメディア(SNS)なら新大陸

静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

新大陸のブログ

  • ホーム
  • Apple、デベロッパー向けカンファレン...

Apple、デベロッパー向けカンファレンス「WWDC」を開催

2018/06/05ソーシャルメディア連動マーケティング

米国時間6月4日、Apple社のデベロッパー向けカンファレンス「WWDC」が今年も開催されました。新しいiPhoneやMacbookなどの発表が噂されておりましたが、今回発表されたのは新しいOSについて。今回はMacOS、watchOS、iOSの新しいバージョンが登場しています。そこで本日は2018年のWWDCについてまとめてみたいと思います。

0605

 

1、MacOS「Mojave」

今回のアップデートではダークモードをはじめファイル整理のStack機能、Finderではメタデータの閲覧やQuick Lookという動画編集機能、スクリーンショットの編集機能などが追加されました。このほかにはセキュリティー機能も向上しているようです。

 

2、watchOS 5

Apple Watchではエクササイズを自動認識、ウェブサイト閲覧の機能が加わりました。また、画期的なのはトランシーバー機能。タップ中に音声を録音して送るとい機能でApple Watch間のやり取りが可能になるとのことです。

 

3、iOS12

iOS12ではアプリ起動は40%、キーボード表示が50%、カメラ起動が70%高速化されるというパフォーマンス面もさることながらAR機能が充実。AR定規アプリ「Measure」ではAR技術を駆使して被写体のサイズ測定も可能になりました。

また、ビジネスの様々な側面で活躍しそうなのが一つのAR環境に複数デバイスを接続できるようになったこと。発表では端末でLEGOを映しながら二人で操作するデモが行われていました。サードパティーによる開発が進めば今後様々なビジネスに活用される可能性を秘めています。

今回の発表ではこのほかにも絵文字をカスタムできる「Memoji」、CarPlayのGoogleMAP対応など様々な機能が追加されています。現段階ではデベロッパー向けなのでアプリなどのコンテンツとしてユーザーに届くのは少し先になりますが、モバイル対応に力を入れている企業は今のうちからチェックしておきたいところです。

参照元:Apple(https://www.apple.com/apple-events/june-2018/