メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

18.01.24

Facebook

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムの利用動向リサーチ

昨年大きく利用者を伸ばしたInstagramに、企業アカウントが最も多いFacebook。若年層を中心に根強い人気を誇るTwitter。

それぞれ栄枯盛衰が囁かれていますが、実際のところはどうなのか。そこで本日は2018年1月11日にMMD研究所が発表した「2017年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」の中からFacebook、Twitter、Instagramの利用動向についてお話してみたいと思います。

まず2015年から2017年にかけてのFacebook、Twitter、Instagramの利用者推移について。円熟期を迎えているFacebookは2015年をピークに2016年に利用率が下がりましたが、2017年は0.7%ほど持ち直す結果となりました。Twitterは横ばいだった利用者が微増。Instagramは年々大きく利用率を伸ばしています。

Facebookの利用状況については20代〜60歳以上まで平均的に利用率が高い様子。全体では50%を超えており依然人気があるようです。またアメリカのFacebookでは様々な機能が追加、テストされているため今後さらなる活性化に期待したいところです。

20代を中心として高い支持を集めているTwitterですが50代でも利用者が50%を超える結果に。アクティブユーザーの減少が囁かれていますが未だに利用者は多く、最近企業向け提供された「オートプロモート」という定額広告も順調のようです。

ここ数年間利用者が急増中のInstagramについては若年層を中心としながらも40〜50代の利用者が増えてきています。また最近始まったハッシュタグフォローの機能は企業にとっても新しい活用法がたくさんあるため、今後もチェックしておきたいところです。

以上、Facebook、Twitter、Instagramの利用動向についてお話しました。最近のSNSはInstagramの伸びが顕著ですが、円熟期を迎えても地道に成長するFacebookやTwitterも忘れてはならないところ。これからSNSをはじめようと考えている企業の方はぜひ参考にしてみてください。

参照元:MMD研究所

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

ソーシャルメディア(SNS)運用ならネット集客の新大陸

◆本社

静岡県浜松市中区萩丘3-2-1

TEL:053-472-1651

FAX:053-472-6235

◆東京オフィス

東京都台東区上野6-1-11 平岡ビル9F

TEL:03-6806-0562

◆大阪オフィス

大阪府大阪市西区南堀江1-16-11 RE-008 5F

TEL:06-6616-9265

ホームページ

https://shintairiku.jp/

インスタグラム

https://instagram.com/shintairiku.co.ltd/

マーケティング最新情報「マーケティングワールド」

http://marketingworld.jp/

住まいを学べる「ライフスタイルズ」

http://life-styles.jp/

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop