静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

新大陸のブログ

  • ホーム
  • Instagramがフィードのランク付け...

Instagramがフィードのランク付け基準を公開

2018/06/07ソーシャルメディア連動マーケティング

米国時間6月1日、Instagramはサンフランシスコに建築中の新しいオフィスに記者を集め、Instagramフィードのランク付けアルゴリズムについて説明を行いました。本日はテッククランチが報じた内容を元にInstagramのアルゴリズムについてお話します。

0607

 

テッククランチによるとInstagramのフィードは三つの要素で決まるとのことです。

 

1、関心 関心とは過去投稿などを参考材料としたInstagramの機会学習によって関心度が決まること。これはユーザーからのリアクションだけではなく、リアクションしたユーザーの趣向など複合的に捉え算出しているものと考えられます。

 

2、新しさ 新しさは過去の投稿よりも最新の投稿が優先して表示されるアルゴリズムのこと。そのため、ユーザーへのフィード表示を増やすにはある程度の投稿数を担保することが必要になってきます。

 

3、関係 関係はリアクションしたユーザーとの親密度を指します。これは過去にリアクションのあったユーザーが再びリアクションしてくるとランクが上がるアルゴリズムになっているようです。

このほかにもInstagramはフィードに関する俗説にも回答。フィードのランキングに写真と動画で優先度を決めていないこと、StoriesやLiveなど特定の機能を好むユーザーを優遇していないこと、企業アカウントよりも個人アカウントを優遇するアルゴリズムは取り入れていないこと。

 

まとめ

アルゴリズムは随時変更される可能性がありますが、Instagram公式でアルゴリズムの詳細が語られたのははじめてのこと。いずれも抽象的なので「コレ」という攻略法こそありませんが、アルゴリズムは機会学習が主軸となっているため、運用者は読者第一の投稿を心がけることがリーチ拡大の近道といえるでしょう。

参照元:TechCrunch(https://jp.techcrunch.com/…/2018-06-01-how-instagram-feed-…/