メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

19.07.09

Instagram

アップするネタがない!時計業界から学ぶテクニック

「インパクトのある写真を定期的にアップすることが、Instagramマーケティングの必勝法」と聞いて困っている人は多いはず。

なにしろ、トピックが頻繁に生まれる業界ばかりではありません。同じ悩みを時計業界も抱えているのですが、彼らはどのように対処しているのでしょうか?

それでもアカウントを開設・更新する

時計ブランドのInstagramは総じて退屈なものです。なぜなら新モデルが発表されるのは年一回、ニュースがないのです。また製品の特性上、安っぽい写真も載せられない。結果、HPやカタログと同じ内容がInstagramに転載されるだけになります。

このことは、あの「ロレックス」のInstagramですら例外ではありません。目新しい写真や情報は一切ない。それでも公式アカウントを開設・更新しているのは、広報のチャネルが増えること自体に価値を見出しているから。

チャネルが増えることで、多くの人の目に触れることは間違いないからです。同じ情報でも発信しないよりは、発信したほうが良いと考えているのでしょう。

編集を工夫することで新鮮に見せる

同じコンテンツを使いまわしているという点では「パテック・フィリップ」の公式Instagramも同じです。

しかし他のブランドと大きく違うのは、メディアの特性を活かした見せ方に秀でているところ。編集技術で、世界最高峰のブランドという矜持を保っているところです。

全体を構成するのは大きな写真、12枚に分割された写真が月に1セットずつ「エピソード」としてアップされています。それぞれの大きな写真のテイストは一貫していますから、まるで、一本の絵巻物を眺めているかのよう。
スクロールさせて見るというInstagramの特性を理解した上での表現です。

そして、エピソードを構成する12枚の写真は、他の複数の写真や動画への入り口にもなっています。タップすることで、モデルの詳細や歴史、使用シーンをイメージした動画、製造工程の動画へと誘導される。エピソードに取り上げられているモデルを、多面的に知ることができる仕掛けです。ここで用いられている写真や動画は、公式HPでも使われているものなのですが、Instagram上で改めてみせられると新鮮さを感じるもの。
これもメディアをよく理解しているからこそできた編集でしょう。

まとめ

パテック・フィリップのInstagramに、他の時計ブランドによくある退屈さがないのはなぜか?というと、編集が優れているから。

単に転載するだけでなくInstagramの特性を理解して組み込んでいくことで、それぞれの素材がより説得力を持つように編集されているからです。

つまり新しいネタがなくても、編集次第で効果的な見せ方はあると教えてくれていいます。たとえば老舗旅館や高級料亭などでも、パテック・フィリップの手法は参考になると思うのですが、いかがでしょうか?

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop