メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

20.04.28

Instagram

人気公式インスタに学ぶ、新型コロナウイルス下のSNS発信

依然として猛威をふるい続ける新型コロナウイルス。

外出を自粛する動きが広まる中、インスタグラム社によるとインスタライブの視聴アカウント数は50%増加したといいます。またインスタライブを使わずとも、フォロワー数を増加させているアカウントもありますから、SNS自体に費やす時間自体が増えていると考えることができるのです。

今回はフォロワー増となった人気公式インスタグラムから、運用のヒントを見つけていきたいと思います。

 

キーワードはやはり「おうち〇〇」

外出を控える動きに応えて、注目されているキーワードは「おうち〇〇」です。家で楽しいことをしたいというニーズに応えたアカウントが支持されています。

家でやることといえば料理でしょう!とばかり、数千人のフォロワー増となったのが「デリッシュキッチン」や「クラシル」、「テイスティ・ジャパン」などレシピ動画を主に投稿しているアカウントです。

それに刺激されたのか、女性向け情報メディア「ペトレル」公式(@petrel_jp)は、今までお出かけ情報などに費やしていた投稿をスイーツのレシピ紹介に振り分けました。すると動画ではないものの人気は急上昇、1,000人以上のフォロワー増に成功したのです。もちろん「#おうちスイーツ」などハッシュタグを付けることも忘れてはいません。

 

雑貨やフィットネスのアカウント人気も上昇

家でオシャレな日々を過ごしたいという方々に応えたのが、インテリア雑貨の「フランフラン」公式(@francfranc_official)です。たとえば「#おうちカフェ」のハッシュタグでマグカップを投稿する一方で「新生活応援!2020」と銘打ったオンラインショップでのセールもアピール、こちらもフォロワー増に成功しています。

また「おうち〇〇」で忘れてはいけないのが運動、家にこもると運動不足が心配になりますね。これに応えたのが、月額制オンラインフィットネス「リーンボディ」(@leanbodyjp)。現在イチオシのプログラム「令和版ビリーズ・ブートキャンプ」のダイジェストをアップすることで、数万回という再生回数を稼いでいるのです。

 

まとめ

フォロワー増に成功した公式アカウントから感じるのは、行動の素早さとそつのなさです。こんな状況下で注目されるであろうコンテンツを素早く作成していますし、同時にセールなどのアピールも忘れていません。SNSマーケティングの長所の一つとしてタイムリーさが挙げられますが、それに応えたアカウントが多くのフォロワーを獲得しているのです。

投稿内容に悩んだら「おうち〇〇」というキーワードです。投稿だけでなく日々の業務にも新しい切り口が見つかるかも知れません。

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop