メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

20.09.04

Instagram

Instagram、通常投稿にイベントのタグ付け機能を発表

2020年8月26日、Instagramは通常の投稿にイベント情報をタグ点けする機能の導入を発表しました。これにより利用者はフォローの有無に関わらずイベントに対してリマインダーを設定し通知を受け取ることができるようになります。

 

イベントタグ付け機能とは?

イベントタグ付け機能はビジネスアカウントとクリエイターアカウント向けの機能。イベント主催者の集客に役立てられます。主催者はイベント名や開始日時などの情報を通常投稿に追加することで、その投稿を見た利用者はフォローをしてないアカウントでもリマインダーを設定してイベントに参加することができるようになります。

 

ライブ配信を行うアカウントには使いやすい機能

ライブ配信を行う際は詳細や直前告知といったリマインドまですべて主催者が周知していましたが、イベントタグ付け機能が加わることによって利用者自身が参加したいイベントにリマインダーを設定することができるようになりました。これにより「見ようと思っていたけど忘れてしまっていた」という機会損失を防ぐことができます。

 

イベントタグ付け機能の使い方

使い方はとても簡単。通常投稿にキャプションなどを追加する画面で「イベントを追加」を選択しイベント名、イベント開始日時、終了日時(任意)を入力するだけ。利用者は投稿の左下の「イベントを見る」アイコンをタップし「通知を受け取る」を選択するとリマインダーがオンになりイベントの開始15分前に通知が届くようになります。

 

ライブ配信は手軽に見れるからこそ告知が重要

コロナ禍でクリエイターだけでなくビジネスシーンでも多く取り入れられるようになったライブ配信。しかし、ライブ配信は利用者にとって手軽にみれるというメリットがあるものの、忘れられやすいという特徴もあります。現在ライブ配信を行っている方はイベントタグ付け機能を使って、告知を強化してみてはいかがでしょうか?

参照元:Facebookニュースルーム( https://about.fb.com/ja/news/2020/08/instagram_upcoming_events_on_feed_posts/

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop