メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

21.01.12

Instagram

絞りたてモンブランに学ぶ、動画マーケティングの可能性

お正月気分も抜けたこの時期になると、今年のトレンド予想を目にするようになります。

「そんなもの簡単に予想できたら苦労はないよ」と思いつつ、いつも読んでしまうのですが、現役高校生を対象にした調査によると2021年は「台湾カステラ」が来るらしいですね。「台湾カステラ?」と不思議に思って、インスタグラムで「#台湾カステラ」で検索したところ3万3,000件もヒットしましたから「来る」どころか、すでに「来ている」のかもしれません。

 

2021年に来るスイーツの本命「台湾カステラ」

台湾カステラの特徴はふわふわの食感と軽い甘みなのだとか。どちらかというとドッシリした、皆様よくご存じのカステラとは大いに異なるようです。生クリームやフルーツを添えるなど楽しみ方のバリエーションも豊富といいますし、インスタグラムにはすでに、数多くの台湾カステラの写真がアップされています。

しかし、外観は既存のカステラやシフォンケーキのようですから、あまり「映え」ている印象はないのです。にもかかわらず3万件以上もヒットするのですから、ブームは本物。映えよりも、おいしさが先行しているのかもしれません。

 

動画が目をひく「絞りたてモンブラン」

同じように、2021年に来るといわれているスイーツに「絞りたてモンブラン」があります。これは従来のモンブランを覆っているニョロニョロした栗クリームを、目の前で絞ってくれるというものです。従来のものと違いフワッと栗クリームをトッピングしますから、インパクトのある大きさになりますし、もじゃもじゃした外観もカワイイ。非常に映える存在といえるでしょう。

「#絞りたてモンブラン」でツイッターを検索してみると、ヒットするのは2,000件強ですからブームはこれからといった感じなのですが、目をひいたのがモンブラン好きの方がアップした、京都「和栗専門 沙織」のモンブラン絞りの動画です。

絞り口から出てくる太さ1mmのモンブランを、お皿の上にうず高く盛り付けている動画はかなりの面白さです。再生回数は9,000回ほどですが、これから来るポテンシャルは高いと見ました。

 

まとめ

インスタグラムのストーリーズが流行ったり、Tik Tokが必須アプリになったりと、動画の時代といわれてずいぶん経ちました。それだけにスイーツの流行にも、インパクトある動画が影響するのではないか?今までは単に「映え」ているだけでしたが、作っている様子「動画」の面白さでブームが来たりするのではないか?と感じています。

製造過程を動画でアップするなど、絞りたてモンブランの(来る?であろう)ブームはSNSマーケティングのヒントになると思うのですが、いかがでしょうか?

参照元:絞りたてモンブラン動画(https://www.instagram.com/p/B4Y-SGfABa1)和栗専門 沙織公式インスタグラム(https://www.instagram.com/wagurisenmon.saori

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop