メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

21.05.13

Twitter

Twitter、音声会話サービス「Space」を提供開始

かねてからテスト運用されてきたTwitterの音声会話サービス「Space」が正式リリースとなりました。現在すでに利用可能となっていますが、フォロワー600人以上のアカウントが対象となっています。

 

「Space」とは?

「Space」とはTwitterが提供する音声会話サービス。主催者がSpace上で発言するとフォロワーはリスナーとしてSpaceに参加することができピン留めされたツイートをチェックしたり、キャプション(字幕)を見て会話の内容を確認。発言をリクエストし承認されれば会話することもできます。

主催者がSpace内をコントロール

Spaceを作成した人は誰が発言するか、トピック、場の雰囲気をコントロールでき、ホストはスピーカーをミュートしてマイクを取り上げたり、Spaceから完全に退出させることが可能。また参加者は誰でもSpaceにいる他の人を報告したり、ブロックできるなど安全管理機能も備わっています。

 

今後は会員限定の有料Spaceも展開

Twitterの発表によると今後は会員を限定しチケットの価格や販売数を設定できる有料版Spaceの提供を数ヶ月中に予定しているとのこと。クリエイターやビジネスが報酬を受け取れる仕組みとなっています。

 

盛り上がりをみせる音声配信サービス

Twitter SpaceのほかにもClubhouseや著名人の雑談が聞けるZATSUDANなど2021年以降は多くの音声配信サービスが登場しています。一見クリエイター向けの機能ですが、使い方次第ではローカルビジネスにも応用できる可能性を秘めているため、コンテンツを企画して試してみてはいかがでしょうか?

 

参照元:Twitter(https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/product/2021/spaces-is-here.html

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop