これからのホームページに必要なこと〜E-A-T〜|ソーシャルメディア(SNS)なら新大陸

静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

静岡県浜松市・東京のホームページ制作・ネット集客なら 株式会社新大陸にお任せください!

これからのホームページに必要なこと〜E-A-T〜

これからのホームページに必要なこと〜E-A-T〜

2018/10/30 7:00

2018年8月にコアアルゴリズムのアップデートがなされ、

これからのホームページは小手先のテクニックではなくより本質的な内容が問われるようになりました。

EAT1024

そこで本日紹介するのはGoogleが検索エンジンの評価指標として公表している「E-A-T」について。

今後リニューアルを検討している方などは、ぜひこの「E-A-T」を参考にしてみてください。

 

「E-A-T」とは

Expertise=専門性

Authoritativeness=権威性

Trustworthiness=信頼性の略称。

ホームページには権威のある情報ソースから専門性の高いコンテンツが掲載され、読者からの信頼に値する内容でなくてはならないというものです。これは先月お伝えしたYMYLと同じ評価ガイドラインの一つとしてGoogleが公表しているものです。

 

■「E-A-T」に向けた対策とは?

「E-A-T」のガイドラインを踏まえて行うことは大きく分けて3点。

1、ホームページのコンセプトとかけ離れたコンテンツを掲載しないこと。

2、所持している資格や個人名など情報ソースを明確にする(そのためのセルフブランディング)

3、ホームページ単体ではなくソーシャルメディア(リ—チ数、エンゲージメント)や関連サイトの情報も充実させる。というものです。

 

 

■ Authoritativeness=権威性はブランディング活動が反映される

「E-A-T」の中でもひときわ難しいとされるのが「Authoritativeness=権威性」。

これはテキストで書いただけでは権威とみなされません。

そのため、権威性を示すために必要なのがブランディング。

権威あるサイトからのリンクや、Wikipedia掲載など、信頼性の高いソースからの流入によって権威性は高まります。

そのため、今後のホームページ運用にはオンライン上のコンテンツだけではなく、オフラインでの活動やブランディングが重要です。

 

「E-A-T」は要約すると「この人から買いたいと思われるような記事」を継続的に掲載していくこと。

また、古いページの更新や不要ページの削除を行い、随時メンテナンスしていくことも大切になってきます。