メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

20.07.28

Instagram

大繁盛のお弁当屋さんに学ぶ!まずは趣味からスタートするSNS

ビジネスのためにSNSを始めた。と、ここまでは良いのですが面倒なのは更新です。せっかく作ったアカウントを放置しているというのは、よくあることでしょう。また、SNSを使わなければいけないのはわかっているけれど、どれを使ってよいのかわからないという方も多いはずです。

ならば、ご自身の趣味でも使いやすいSNSで発信することから始めましょう。 「SNSのユーザーにはそれぞれの特長があるから、ターゲットに応じて使い分けるべき」とは、SNSマーケティングのイロハです。しかし、ご自身と合わないSNSを使って更新が億劫になってしまってはどうしようもありません。「写真は苦手だから、ツイッターで趣味のことでもつぶやくか」最初はこれで良いのです。

 

ユニークな商品が一番のウリではあるのですが……

JR亀戸駅近くにある「キッチンDIVE(ダイブ)」はお弁当屋さんです。どこにでもありそうなお店なのですが、年商は1億5,000万円に迫らんとする売上を誇ります。一番の理由はユニークなお弁当。「挑戦者求む1キロ弁当」「毎日満足200円弁当」といった店頭の看板は、思わず立ち寄ってしまいたくなる魅力にあふれています。

DIVEが大繁盛している理由はそれだけではありません。 特に集客に大いに役立っているのはツイッター、8万人を超えるフォロワーを抱えるまでになり、イベントを告知するたびに大きな反響を呼んでいます。

 

そして趣味と本業が共鳴する時が来る!

DIVE公式ツイッターはマーケティングを意図してスタートしたわけではありません。

社長さんが好きなゲームのことをつぶやく、趣味のアカウントだったのです。ある時、ゲームの人気キャラクターのぬいぐるみを店頭に飾ったことをつぶやいたところ、ゲーム好きのフォロワーがお店まで足を運んでくれるようになりました。 趣味と本業が、ツイッターを媒介して共鳴したのですね。 もちろん、インパクトのある商品がSNSと相性が良かったというのもありますが。

以来、ツイッターのフォロワー数が節目を超えるなど、機会に応じてイベントをツイッターで告知・開催し始めたのですが、その度に多くの方々が参加してくれるようになりました。

「このアカウントは宣伝の為ではなく中の人の趣味です」とは、DIVE公式ツイッターのプロフィールの一節です。ツイッターは趣味で始めたという、当初のスタンスが良くわかりますね。

 

まとめ

たとえばインスタグラムでは、今を時めくインフルエンサーが活躍しています。彼らに共通して感じるのは、写真やインスタグラムが好きなことです。好きなことから入っているから、カッコいい構図で写真を収めることができますし、映えにもこだわるようになります。そして続けることができるのです。

ビジネスのために無理やりSNSを更新していても、良いものにはなりませんし続くはずがありません。ならば、ご自身にあったSNSを探して趣味でも発信するところから始めましょう。

参照元:キッチンDIVE公式ツイッターアカウント(https://twitter.com/divemamuru

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop