メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

21.12.07

Twitter

「かわちゃん社長」に学ぶ!バズるツイートの作り方

あるツイートが話題になったのは、年末の大掃除が気になり出す11月半ばのことでした。
ツイートの主は埼玉県・住宅設備販売業「かわちゃん社長」さん。大きくひび割れたIHコンロの写真とともに「お願い押さないで!」という白抜きの文字が目をひきます。一体、IHコンロのガラストップに何が起こったというのでしょうか?

ツイートがバズって約1,000人のフォロワー増!

ツイートによると大掃除のころになると、毎年3件くらいIHコンロのガラストップ割れについて相談が寄せられるとか。ガラストップは強化ガラスとはいえ、強い力には弱いもの。たとえばレンジフード掃除の際に上に乗ると、カンタンにひび割れてしまうというのです。

そのツイートはショッキングな言葉で締めくくられます。「修理費6万円」……!!

このツイートは90件のコメントと2.3万件のリツイート、そして3.3万件の「いいね!」を生みました。

かわちゃん社長さんのTwitterのフォロワーは現在8,400人ほどですが、ツイートが話題になる前後で比較すると、約1,000人のフォロワー増が見られます。いかに反響が大きかったかがわかるでしょう。

バズるツイートのキーワードは「役に立つ」と「共感」

ツイートがバスった理由は、多くの方が「役に立つ」と感じたからです。
「大掃除も近いから、ガラストップの扱いに気を付けなくては」「みんなにも教えたい」こんな風に感じたから、大量の「いいね!」とリツイートが生み出されたのでしょう。

一方で「共感した」方も多かったようで、コメントには「アイアン製の鍋を落として割りました」「私は2回やっています」との声も。「役に立つ」と同様に「共感」もフォロワー増のための重要なキーワードです。

かわちゃん社長さんのTwitterに掲載されるのは、住宅設備販売の日ごろの出来事がほとんどです。話題のツイートも、同様のことは毎年3回くらい起こるといいますから、いつもの調子でつぶやいただけのことでしょう。

しかし思わぬバズりを呼び、フォロワー増を生み出しました。
つまり何らかのプロにとっての日常は、他の方にとっては非日常であり、役立ちや共感の素が潜んでいるのです。もちろんプロの日常といえど、常にバズりを生み出すことはできません。しかし日常をツイートし続けることで、思わぬ話題になることはあるのです。
 

まとめ

住まい・暮らしのノウハウをInstagramで伝えることは、フォロワー数を獲得するのに有効です。このことは住宅系インスタグラマーや工務店の例をあげ、今までに何度かお伝えしてきました。

そして、かわちゃん社長さんが教えてくれるのは、同じことはTwitterでも有効だということ。SNSでに日常を発信し続けるというのは、決して無駄ではないということです。
最後になりましたが、大掃除の際には皆さんガラストップにお気を付けを。

参照元:「かわちゃん社長」さんTwitter(https://twitter.com/kawaken1985

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop