メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

19.12.12

Facebook

Facebookに投稿したデータがGoogleフォトへ転送可能に

2019年12月3日、Facebookに投稿した写真や動画をGoogleフォトに転送できるツールを発表しました。

これによりFacebookユーザーは過去投稿したコンテンツをローカルに落とさなくても、ツール経由でGoogleフォトへ転送することができるようになりました。

Data Transfer Project(DTP)による初のツール

Data Transfer Projectとはフェイスブックやグーグル、アップル、ツイッター、マイクロソフトが共同で立ち上げたオープンソースプロジェクトで、プラットフォームの垣根を越えてデータを活用するための取り組み。
DTPに基づいたツールの提供は今回のFacebook→Googleフォトへのコンテンツ移管ツールが初となっています。

プラットフォームの移管が手軽に

今回はFacebook→Googleフォトのコンテンツ移管ツールですが、今後各プラットフォームに対応したツールが提供されれば、ユーザーはプラットフォームの移管がより簡単に行えるようになります。

過去コンテンツの再利用が可能に

Facebookはタイムラインの仕組み上、投稿日時の古いものは閲覧しにくい状況であるため Facebook→Googleフォトのコンテンツ移管ツールがあれば過去コンテンツをブラッシュアップして他のプラットフォーム再利用するなどユーザーとしても利便性が高まります。

2020年中ごろに世界で提供開始予定

フォーブスの記事によるとFacebook→Googleフォトのコンテンツ移管ツールはアイルランドで提供開始されたのち、2020年中ごろには世界中で利用が可能になるとのこと。提供が開始された際は、過去のコンテンツをGoogleフォトへバックアップしてコンテンツの棚卸を行うこともできそうです。

参照元:Forbes( https://forbesjapan.com/articles/detail/31100/1/1/1?s=ns

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop