メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

20.10.14

Facebook

バーミキュラに学ぶ!ファンづくりのためのSNS活用法

何を今さら、と料理好きの方から笑われそうですが、最近「バーミキュラ」とうブランドを知りました。ホーロー鍋、ライスポットと出す商品すべてが大ヒット、最近ではフライパンが入荷待ちの状態が続いているといいます。

調べてみたところ、バーミキュラは興味をひかれるブランドです。0.01mm以下の精度を追及しているとか、精密機械のようですし、修理などを一生保証してくれるとか、ヘビーデューティで知られるライターのよう。何とも男心をくすぐるのです。

 

料理研究家やブロガーにアプローチをおこなう

この手法で売り出したのは、理由があったのでしょう。ホーロー鍋ならストウブやル・クルーゼといった、先行するブランドがあります。それらのイメージは、フランス製でおしゃれというものですから、バーミキュラはすき間を狙って男心をくすぐったのでしょう。

しかしホーロー鍋の主要ターゲットは女性ですから、男性の関心ばかり買っているわけにはいきません。バーミキュラは発売前から、料理研究家やブロガーにアプローチをおこなうなど、女性に向けて極めて今日的なマーケティングをおこないました。ホーロー鍋や無水調理を知り尽くしている人の賞賛を取り付けて、他との違いを主張することに注力したのです。

 

SNSにも表れる「一生サポート」の姿勢

一生保証のアピールは、もっと手が込んでいます。「一生サポート」という言葉を用いて、鍋というハードだけでなく、使いこなすためのソフト面でのサポートもアピールしました。

たとえばオーナーズデスク、フリーダイヤルのホットラインを設置しています。これに対応するのは全社員、社長室にもユーザーが対面している現象を再現できるように、複数のコンロとバーミキュラの製品が並べられているといいます。

またSNSや書籍などを通じて、自社製品を用いたレシピを発表し続けています。これだけならストウブなどと同じです。しかしバーミキュラはこのためにシェフを雇用し「VERMICULAR CHEF’S CHANNEL」なるユーチューブ公式チャンネルまで開設しています。

一生サポートの姿勢はSNS上でのユーザーとの交流にも表れています。フェイスブックやインスタグラム上の質問に対する回答が実に丁寧です。どんな小さな質問でも、それが英語であったとしても、必ず回答をおこなっているのです。

 

まとめ

バーミキュラの取り組みはマーケティング全般において、非常に勉強になるのですが、なかなか真似できるものではありません。しかしSNS上に限るなら色々と参考にできるはず。コメントに一々返事を返すなどは、すぐにでも真似できるはずなのです。

加えてレシピだけでなく、ブランドに関することなら、どんな細かな情報でもSNSを通じて発信していることも学びたいものです。それだけユーザーはブランドを身近に感じることでき、熱心なファンとなってくれるのですから。

参照元:「バーミキュラ」公式FB(https://www.facebook.com/vermicular)、「バーミキュラ」公式インスタグラム(https://www.instagram.com/vermicular_japan/

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop