メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

20.03.12

ホームページ

Google、2020年9月に全サイトをモバイルファーストへ


Googleは3月5日、2020年9月より全てのWebサイトにおいて検索インデックスにモバイル版を優先的に表示するモバイルファーストインデックスの完了予定を発表しました。
現時点で約70%のWebサイトがモバイルファーストになっているとのことですが、2020年9月にはすべてのサイトがモバイルファーストになるとのことです。


モバイルファーストインデックス完了間近

最初にモバイルファーストインデックス(PC版よりもモバイル版を優先して表示する)の導入が発表されたのが2016年。2019年7月以降は新規公開サイトは全てモバイル優先となっていましたが、2020年9月をもって全サイトが適用となるようです。なお、Googleは今後の新規サイトについてレスポンシブデザインを推奨しています。


モバイルフレンドリーテストでチェック

自身のサイトがモバイル向けになっているかを確認するためにはGoogleが提供している「モバイルフレンドリーテスト」という無料のサービスで確認できます。もしくはサーチコンソール内にあるモバイル ユーザビリティレポートを活用すると問題が発生しているページを確認することもできます。


今後はスマホ主軸のホームページ運用を徹底

BtoBサイトの場合、BtoCサイトと比べてパソコンの利用率が高い傾向にありますが、今後はスマートフォンに合わせたサイト運用を徹底していく必要があります。レスポンシブデザインでのサイト制作はもちろんですが、コンテンツのボリュームや操作性、見やすさなど総合的な観点で評価されるため注意したいところです。


まとめ

Googleは2020年9月はWebサイトにモバイル版がない場合、デスクトップ版でインデックスを行うと発表していますが、以降はモバイルが優先表示されるようになるため表示順位の下落などが予想されます。

すでにほとんどのサイトが対応している方は多いかと思いますが、ホームページの管理を自社で行っている方は念のため確認しておきましょう。

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop