メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

22.02.17

Instagram

SNSにおける”見るだけ”ユーザーは何割?

認知率8〜9割を誇るTwitter、Instagramですが、SNSをマーケティングに活用する場合はユーザーの利用率や投稿率までを把握しておきたいところです。

本日はNTTドコモ モバイル社会研究所が発表した「TwitterとInstagramの利用動向調査」をもとに”見るだけ”ユーザーについてお伝えします。

Twitterは82.7%が”見るだけ”ユーザー

Twitterにおける調査では認知率が全体で86.9%、利用率が41%。投稿率が17.3%であることから”見るだけ”ユーザーは82.7%という結果になりました。

とりわけ10代〜20代は利用率が約80%、投稿率も約40%と高く、女性の利用割合が大きくなっています。なお30代以降は利用率、投稿率ともに減少しています。

Instagramは86.2%が”見るだけ”ユーザー

Instagramにおける調査では認知率が全体で82.8%、利用率が34.3%。投稿率が173.8%であることから”見るだけ”ユーザーは86.2%という結果になりました。

注目すべきは30代の女性。SNSのヘビーユーザーが多い20代男性よりも利用率と投稿率が高いことから、Instagramとの親和性が高いユーザー層といえそうです。

まとめ

コミュニケーションを重視するユーザーは投稿が多い傾向にありますが、情報収集を目的とするユーザーは”見るだけ”ユーザーも多い様子。

TwitterやInstagramで広告などを活用する際は”見るだけ”ユーザーへのアプローチを視野に入れながら運用したいところです。

参照元:NTTドコモ モバイル社会研究所(https://news.mynavi.jp/article/20220215-2272862/

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop