メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

22.06.01

Webライティング

Webライター必見! SEO対策 で“いま”知っておくべき『 EAT 』とは?

Webライティングをする上で、切っても切り離せない「SEO」。
Webサイトやブログ記事を作成する上では、必須の知識として、すでに多くの方に知られています。

SEOとは、検索エンジン最適化の略

自社のWebサイトやページをGoogleなどの検索エンジンで上位表示されやすくするための取り組みを「 SEO対策 」と言います。

SEO対策 により、ニーズがある人に検索表示されやすくなり、商品・サービスを知ってもらうことで、集客につながるといった効果があります。

そんなWeb集客をする上で重要なSEO対策ですが、Googleより公式に発表されている、よりSEO効果を上げるために必須知識となる『E-A-T』という指標をご存知でしょうか?

今回のコラムは、そんなライティングで“いま”知っておくべき『E-A-T』についてご紹介していきます!

SEO対策で重要なE-A-Tとは?

【E-A-Tとは?】
「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信憑性)」の略で、Googleが重要視するユーザーファーストの考え方をベースに定めた、Webサイトやページの品質を判断するための新しい評価軸です。

E-A-Tは現状のSEO対策において最も重要視され、この3つの軸を意識してWebコンテンツを作成することでサイトの評価が上がり、検索の上位に表示されやすくなります。

逆に、E-A-Tを無視して作成されたWebサイトやページは、評価の低いコンテンツと判断され、大幅に検索順位を落とされてしまう可能性が高くなっており、SEO効果を高めるためにはよりE-A-Tを意識した記事づくりが必要となってきます。


E-A-Tを高める方法は?

E-A-Tについては、Googleが公開している検索品質評価ガイドラインに詳しく詳細が書かれています。

検索品質評価ガイドライン 2021.10月19日最新版/英文

ライティングをする上で、ページの評価を高めるために有効だと考えられるポイントについて、下記のような項目があげられます。

Webページの運営会社、記事の著者名を明記する。
専門性を証明できる肩書きや実績などを書く。

・被リンクを獲得する。
=他サイトがリンクを貼りたくなるような専門性のあるコンテンツを作成する。

・専門性を高めるため、1次情報を多く含める。
実体験など、他サイトのコピーではないオリジナルの情報を入れる。
すでに多くの場所で解説されているような情報だけでは評価されにくい。

過去記事をリライトし、常に最新の情報にアップデートしておく。
検索順位を決める要素を集めるクローラが、更新日時まで把握しているため。


関連記事:【ブログの SEO対策 】Googleが重要視するEATとは?ライティングで必要な3つのポイント


検索エンジンはより、「ユーザーの検索意図を正確に汲める形」

今から10年ほど前、GoogleのSEO対策といえば「キーワード対策」や「文章量」に焦点を当てたテクニカルなものが主流でした。
そのため、「ユーザーが本当に知りたい価値のある情報を手に入れられる」という点では不十分なものでした。

よりユーザーニーズに合わせた検索エンジンを実現するために、過去何度もGoogleによる検索アルゴリズムの改善が行われてきました。

結果、小手先で検索順位だけを上げるようなSEO対策は通用しなくなり、Googleの検索エンジンはより、「ユーザーの検索意図を正確に汲める形」に進化してきています。

E-A-Tはそんな現在の検索エンジンに合わせたSEOを考える上で、とても大切なエッセンスなのです。


ユーザー目線に立って本当に価値のあるコンテンツを量産する

基本的には、

「どんなユーザーに読んでもらいたいのか」
「ユーザーが本当に欲しい情報がきちんと提供できる価値のあるページか」
「第3者が見て、信頼できるページなのか」

など、常にユーザー目線に立ってコンテンツを作成することが、高品質なページと評価されるための最も重要な考え方なのです。

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop