メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

20.05.14

SNS

Instagramでギフトカードが購入可能に

2020年5月12日、Instagramは中小ビジネス支援のための機能として、Instagramアカウントを持つ店舗がギフトカードを発行しユーザーが購入できるという機能の導入を発表しました。

また先月に発表された「料理を注文」機能もTableCheck、出前館、Picks、ヒトサラと提携事業者を拡大しています。

 

ギフトカードを発行してマーケティングに活用

店舗業の売上減少が続く中、今回発表されたギフトカードはクーポン券や優待券などのギフトカードを店舗側が発行することで常連客や支援希望者が購入できるという仕組みの機能となっています。これにより実店舗を稼働させられないビジネスは、テイクアウトや通販に加えて新たなキャッシュポイントを作れるようになります。 

 

ギフトカードスタンプで店舗支援も

馴染みの店舗を支援したい場合は、店舗側がストーリーズに投稿した「ギフトカード」スタンプを自身のアカウントでシェアすることも可能となっています。ギフトカードの購入はもちろん、情報のシェアによって店舗を支援することもできます。

 

ビジネスアカウントでのギフトカードの使い方

Instagramのビジネスプロフィールを利用しているアカウント(ビジネスアカウント)でキッチハイク、Square、TableCheckの加盟店であれば、スタンプの利用やアクションボタンの設定を無料で行うことが可能とのこと。使い方は以下の通りです。

ストーリーズの投稿画面でスタンプトレーを表示

「ギフトカード」スタンプを選択
※初めての場合は [スタンプを設定] 画面が表示

パートナーを選択し自店舗のリンク(URL)を追加

プロフィールにアクションボタンを追加したい場合は設定をONにできる

完了

「ギフトカード」スタンプは「料理を注文」スタンプと同様で、ユーザーがスタンプやアクションボタンをタップすると、ビジネスが設定した提携するプラットフォームのページが表示され、ギフトカードを購入できるようになります。

 

まとめ

先月の料理注文機能に続き今月はギフトカード。さらにはユーザーがお気に入りのInstagramアカウントを簡単に紹介できる「お店を応援」スタンプが新たにローンチされています。

もし知り合いでお困りの方がいらっしゃったらぜひ共有してみてください!
大変な時期ですが、みんなで助け合っていきましょう!

参照元:Facebookニュースルーム( https://about.fb.com/…/news/2020/05/instagram-gift-card-st…/

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop