メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

19.08.16

マーケティング全般

SNSマーケティングは選択と集中!日本マクドナルドから学ぶテクニック

先日の記事では「日本マクドナルド」の公式Instagramを揶揄してしまいました。不愉快に思われた方がいらっしゃったなら謝りたいとは思うのですが、最後に述べたとおりマクドナルドは優れたWebマーケティング戦略をもっています。

キーワードは「選択と集中」、これはもっと小さな企業のWebマーケティング担当者の方にも参考になるはずです。

絶対的な強さの公式アプリが戦略の軸

日本マクドナルドがWebマーケティング戦略の柱と定めているのは、5,400万件以上のダウンロード数を誇る公式アプリでしょう。この強さは外食業界はもちろん、他BtoC業界を含めても圧倒的、あのユニクロですら1,000万件強なのです。

この強さは、モバイルをターゲットとした時期の早さにあります。フューチャーフォンのユーザーをターゲットにクーポン配布を開始したのは2003年、15年以上の積み重ねが公式アプリの強さにつながっているのです。

質・量ともに他社を圧倒するTwitter

またSNSマーケティングで、マクドナルドが戦略の中心に定めているのはTwitterです。フォロワー数は約283万人、企業の公式Twitterのランキング4位となっています。これを支えているのは、8.0件ツイート/1日という投稿数。

ちなみにフォロワー数の第1位(約466万人)のスターバックスが、1.7ツイート/1日ですから、その力の入れ具合がわかるでしょう。 加えて内容も力が入っています。特徴は非常に動画が多いこと、単にTVCMを流すのではなく、最新のTVCMと連動させつつも別バージョンを作成するという凝り様ですし、新メニューの告知も動画でおこなっています。

「花火の日」といった時事ネタも欠かしませんし、もちろんクーポンの配布もおこなっています。

まとめ

Webマーケティングの世界は混沌としています。理由はメディアが多すぎるからなのですが、それらの中から日本マクドナルドは公式アプリとTwitterを選び、ひたすらに注力しています。

マクドナルドほどの力があれば、Webメディアの全てに露出することは可能でしょう。しかし、それをしていないのは散漫になるのを恐れているから。自社の顧客にマッチしたメディアを選択、集中しているからです。だから公式Instagramが長らく投稿されなくても、フォロワーが少数でも気にしないのです。

キーワードは「選択と集中」、マクドナルドほどの体力がない会社はどうするのか。より慎重にメディアの選択をおこない、集中して投稿を続けるべきではないか?と思うのです。

参照元:日本マクドナルド公式Twitter

https://twitter.com/McDonaldsJapan?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp
%7Ctwgr%5Eauthor

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop