メインイメージ

Marketing columnマーケティングコラム

22.06.16

TikTok

SNS満足度、1位はTikTok

2022年5月17日、ICT総研は2022年度SNS利用動向に関する調査を発表。本日はSNS利用や満足度など利用者の動向についてお伝えしていきます。

SNS利用率は80.9%

日本におけるSNS利用者数の調査では2021年末時点で80.9%、2024年末には83.2%となる見込みであることが発表されました。利用者は2020年以降成長が鈍化しているため、SNSは一般的に浸透したと言えそうです。

LINEを除くSNS1位はYouTube

主なSNSの利用率に関する調査ではLINEを除いてYouTubeが1位、Twitter、Instagramと続きました。InstagramからFacebookの間には大きな隔たりがあることから、SNSはYouTube、Twitter、Instagramを主軸にマーケティング戦略を考えたいところです。

満足度1位はTiKTok

主なSNSの利用者満足度に関する調査では、TikTokが82.4%で1位となりました。全体的にテキストメディアよりも動画メディアが評価されている傾向にあることから、今後は動画コンテンツに注目したいところです。

ニコニコ動画、Facebookは利用時間減少気味

1年前とのSNS利用時間の変化についてはTikTok、YouTube、Instagramが「増えた」という回答が多い一方、ニコニコ動画やFacebookなどの老舗SNSは「減った」という回答が多い傾向にあります。

3人に1人がLINEで課金

SNSの課金機能利用率においてはLINEが31.8%と1位。スタンプなど購入しやすいコンテンツが結果に結びついているようです。YouTubeではスーパーチャットやプレミアム、Twitterではスーパーフォローなど近年はSNS内での課金コンテンツも増加傾向にあります。

SNSを使う理由は「情報収集」

SNSを利用する理由に関する調査では「仕事や趣味などの情報収集目的」が44% で1位となりました。SNSは当初自己表現の場として普及しましたが、近年はGoogleに勝るとも劣らない検索プラットフォームと認識されているようです。

まとめ

近年のSNSはコミュニケーションだけではなく情報検索やマネタイズに特化したアップデートが増えつつあります。新たなSNSを立ち上げたい、既存の運用を見直したいという方は参考にされてみてはいかがでしょうか。
 
参照元:ICT総研(https://ictr.co.jp/report/20220517-2.html/
 

tel0534721651受付時間:9:00から18:00(土日祝休)

pagetop